自動車保険は自賠責が基本

自動車保険のことにあまり知識がない方がよく言う言葉に、「これだけ任意保険が充実していれば、自賠責なんて必要ないのでは」というセリフがあります。
自賠責自体必ず入っていなければならないものですので、加入しないわけにはいきませんが、任意保険と自賠責保険を比べてしまうとそういいたくなる気持ちもわかります。
しかし、任意保険というものはあくまでも自賠責に補助的な自動車保険であるという事を理解しなければなりません。
任意保険は自賠責保険をフルに使ってもそれでも補償能力が足りない場合に使われるという性質があり、自賠責で賄うことができるのであれば、無理して任意保険を使う必要はありません。

逆に自賠責はノンフリート等級などという保険料に違いが出る条件がありませんので、積極的に使いたいものです。
事故などを起こすとすべての処理を自動車保険の担当員が行ってしまうので、当事者としても実感がわきませんが、実際には自賠責を使ってなおかつ自分のところから保険金を支払っているのです。
ですので、自賠責に加入していることは非常にありがたいことなのです。