事故を増やすAT免許

オートマチックトランスミッション、ATはクラッチ操作もなく渋滞していても長時間運転していても非常に楽ちん運転をすることができ、単に移動するためだけの車であるならば最高のトランスミッションです。
ATはアクセルペダルを踏めば走り、ブレーキペダルを踏めば止まるという、まるで遊園地のゴーカートと同じ様な至って単純な操作方法となっているのですが、これが実は事故を引き起こす大きな原因となってしまっているのです。
よく聞くのがコンビニへの突っ込み事故、これはただ単にアクセルペダルとブレーキペダルを踏み間違えただけのことなのですが、もしこれがマニュアルトランスミッションであれば、たとえブレーキペダルを踏もうとして間違えてアクセルペダルを踏んでしまったとしても、ブレーキペダルを踏んで止まろうとしているときにはクラッチペダルを踏んで動力を切っている状態になるので、惰性で突っ込むということはあっても加速して突っ込むということはないのです。
これらの事故を防ぐには安全装備など開発するのではなく、AT免許制度をなくすのが一番です。

2ペダルでの運転方法でテンパっている状態の人間に更なる安全運転のための気遣いはできる訳がありません。
クラッチペダルを操作して、エンジン回転数を気にしながら運転している人間だからこそ、ATの楽ちんさと余裕というものが生まれてくるのです。
現にAT免許が普及してからこのようなペダルの踏み間違いによる突っ込み事故が極端に増えているのがその証拠です。
外から見ても分かりませんが、出来ることならAT免許しか持っていない車には近づきたくないものです。