社外品のフォグランプの機能

標準装備されていることも多いのですが、オプションとして必ずといっていいほど用意されているのがフォグランプというものです。
最近のものはハロゲン光源のプロジェクター式を使うことが多くなり、ライト自体のサイズも小さいことから既存のボディにうまく収めることができるようになっています。
しかし、自動車メーカーが標準装備あるいはオプションとして用意しているフォグランプはフォグランプの機能は持っていません。
フォグランプとはその名のごとく霧の中を走るための補助ランプで、白霧に乱反射しないように光の色は黄色、レンズカットも遠くを照らすのではなく、手前を幅広く照らすように作られています。
しかし、自動車メーカーのものはほぼ100%白い光を発し、レンズカットもそれほど広くないのです。
レンズカットが遠くを照らすようになっていればスポットランプとかドライビングランプという解釈もできるのですが、ヘッドライトよりも少し幅広いだけのレンズカットではそうも言えません。
自動車メーカー曰く、白い光を採用しているのは、その方が売れるからだそうで本来のフォグランプの機能は果たしていないとはっきりと断言しているのです。
街灯や看板などでヘッドライトもいらないぐらい明るい状態でも純正フォグランプを堂々とつけて対向車や歩行者に眩しい思いをさせている車(特にミニバン)が多いのですが、メーカー側もそういった使い方をされることを前提に用意しているようです。
本当にフォグランプが欲しい方はレンズの色を黄色に変えたり、標準装備やオプション品ではなく、社外品の本当のフォグランプを付けることをお勧めします。