マツダ車のデザイン

マツダがCX-5の弟分としてCX-3という小型クロスオーバーSUVを発売するようです。とは言ってもだいぶ新型デミオのパーツを使って作られているようで、プラットフォームもデミオのものをそっくり使っているそうです。ボディパネルも比較してみるとところどころ全く同じものが使われていて、デザインももういい加減、飽きてきたあのデザインですので、まさにデミオのクロスオーバーSUVバージョンといっていい車だと思います。
エンジンに関しては今のところはっきりとしたことが分からないのですが、デミオを同じように1.5リッターのクリーンディーゼルエンジンは確実なようで、それに加えてデミオでは1.3リッターのガソリンエンジンとなっていましたが噂では2リッターエンジンになるのではないかといわれています。走行性能的にはデミオを同じような感じになると思われますが、CX-5はクロスオーバーSUVなのですから悪路走破性も鍛え上げなければいけません。その辺がどう作られるのか興味深いところです。ただ本当にこのデザインはもういいですって感じです。

ユーノス店があった時にのっぺりとしたデザインに統一しようとして失敗、先代デミオのような大口をあえてニタッと笑っているようなデザインに統一使用してこれも失敗、そして今回の大きな6角形グリルに目つきの悪いデザイン統一しようと出す車出す車みんな同じ顔では、いくらいい車での日本人の感覚には合いません。ヨーロッパで売る前に日本で売ることを考えなければ今後のマツダはないでしょう。

車売るならどこがいい